LIVE / EVENT

ALL

キーボード・マガジン×HMV & BOOKS TOKYO Presents  <秋の夜長の宅録女子会>

LIVE/EVENT

開催日
2016 年 10 月 17 日 (月)
アーティスト
AZUMA HITOMI,小南千明,MACHINA
開場時間
20:00
開演時間
20:00
会場
HMV & BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース 
イベント概要

<秋の夜長の宅録女子会>の開催が決定!トークゲストとして、AZUMA HITOMIさん、小南千明さんの出演が決定しました!

初顔合わせの3人による宅録女子会。。どんなトークが飛び出すのか?どうぞご期待ください!

◆10月17日(月)20:00~ 渋谷 HMV & BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース ※観覧フリー

キーボード・マガジン×HMV & BOOKS TOKYO Presents  <秋の夜長の宅録女子会>

◆出演:AZUMA HITOMI,小南千明,MACHINA

◆MC: キーボード・マガジン編集人 國崎晋 

トークショーの後、購入者を対象にした出演者サイン会&特典会を実施します。

詳細は決まり次第、順次発表いたします。  イベント詳細はこちらから

 

AZUMA HITOMI

東京生まれ ソングライター / サウンドクリエイター / シンガー
小学校高学年より楽曲作りを開始。中学生でシーケンス・ソフト「Logic」と出会い、アレンジからミックスまでひとりで行う
デスクトップレコーディングに目覚める。大学( 文学部文芸思想専修) 進学後、ライブを中心とした本格的な音楽活動をスタート。

2011年3月、TV アニメ『フラクタル』のオープニングテーマ『ハリネズミ』をEPIC レコードジャパンよりリリース、メジャー・デビュー。

2013年4月、1st アルバム『フォトン』をリリース。


2014年3月、矢野顕子のニューアルバム『飛ばしていくよ』にタイトルチューンを含む2曲のトラックメイカーとして参加、
ステージでも初共演を果たす。2014年6月、ミニ・アルバム『CHIRALITY』をリリース。

メジャー・デビュー以降に行っているライブ・パフォーマンスは、自らプログラム&コントロールするLED照明システムに加え、
Mac、アナログシンセ複数、ペダル鍵盤、全自動キックマシーンなどの大量の機材に囲まれた「要塞ライブ」と
呼ばれるものから、コンピュータや大型機材を一切使用しない“ノイズ&弾き語り”と称されるものまで、
さまざまなスタイルで展開している。

2014年10月、サウンド & レコーディング・マガジン主催「Premium Studio Live Vol.7」にBuffalo Daughterの
大野由美子らと共に宅録女子4人による“アナログ・シンセサイザー・カルテット” として参加、
その模様をハイレゾ音源として配信した『Hello,Wendy!』がOTOTOY 週間ランキング1位を獲得。

2015年6月、チボマット日本公演のフロントアクトに“アナログ・シンセサイザー・カルテット”で出演。
グループ名を正式に“Hello,Wendy!”とし、パーマネントな活動の開始を宣言。

同年9月、矢野顕子のニューアルバム『Welcome To Jupiter』に、3曲のトラックメイカーとして参加。
2016年初頭、突如、女性3人によるギター・ロック・バンド “サンナナニ”の結成を発表、
ボーカル&シンセ・ベース担当として2月に初ライブ、7月には早くもワンマンライブを決行、大成功へと導く。
その後もAZUMA HITOMI、Hello,Wendy!、サンナナニと3つのプロジェクトを並行して活発な活動を行っている。

AZUMA HITOMI オフィシャルHP

http://azumahitomi.com

AZUMA HITOMI twitter

https://twitter.com/AZUMAHITOMI

サンナナニ オフィシャルHP

http://www.breast.co.jp/372/

サンナナニ オフィシャル blog

http://lineblog.me/372official/

 

 

小南千明

東京都生まれ シンガーソングライター、作詞、作曲、編曲

幼少期より子役タレントといて活躍。バックダンサーとして出演したさいたまスーパーアリーナにて、このステージで歌いたい、

この光景をステージの中心で見たいと思い、ミュージシャンを目指すことを決意。

オリジナル楽曲を作り始め、DAW(Degital Audio Work Station)で作詞、作曲、編曲を行う「DAW女」として注目を集める。

2015年4月剛力彩芽のファーストアルバム『剛力彩芽』に収録された「Tic Tac」の詞を提供。

音楽制作ソフト、書籍「Studio One3で学ぶ音楽の作り方」(リットーミュージック)に

オリジナル楽曲「シンデレラ・ガール・コンプレックス」「NEVERENDING STORY」を提供。

精力的なライブ活動とYOUTUBEでのカバー、オリジナル楽曲の発表、SHOWROOMやツイキャスでの生放送など行う。

自室より発信する小南千明の音楽は、同世代の女性の気持ちを歌った詞とキャッチーなメロディ、エレクトロニックなサウンド・センスが合わさり、

普遍的かつ最先端の全く新しいポップスとなっている。2016年6月10日に、DESEO mini with VILLAGE VANGUARDにて

初のワンマンライブ(SOLD OUT)を成功させる。初のミニアルバム『SPIRAL DAYS』CDをライブ会場限定リリース。

2016年8月19日より、『SPIRAL DAYS』をiTunes Music Store他全世界主要サイトに配信。

iTunes Music Storeエレクトロニック・ランキングで1位、レコチョク総合デイリーチャートで14位を獲得。

2016年8月27日オーディション・イベント『MID of MESELLBA Vol.6』にて、一般、審査員による投票からグランプリを獲得。

ポニーキャニオン・グループよりのデビューを獲得。

★ネットラジオ番組 ・楽天FM「クレオフーガラジオ」(毎週火曜22:00-23:00)パーソナリティー

★書籍 ・リットーミュージック「Studio One3で学ぶ音楽の作り方」にオリジナル楽曲「シンデレラ・ガール・コンプレックス」「NEVERENDING STORY」を提供

★2012年度 東京ヴェルディ公式クラブソングのボーカルを担当

★提供楽曲 ・剛力彩芽「Tic-Tac」作詞

HP

https://chiaki.themedia.jp/

Twitter

https://twitter.com/c_1115

Facebook

https://www.facebook.com/kominamichiaki/

YOUTUBE

https://www.youtube.com/channel/UC3JcP_HiMrZjonhr6GQYgpA

SHOWROOM

https://www.showroom-live.com/kominami

出演者情報

AZUMA HITOMI,小南千明,MACHINA